04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

だるびぃ

Author:だるびぃ
ソロ活、邁進中(笑)。

※過去の記事でお見苦しい点がありますがご容赦ください。

※コメント大歓迎です♪

カテゴリ

最新コメント

ご訪問ありがとうございます

だるびぃの映画DVD

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ひとこと

当ブログで使用しております画像等は、個人で楽しむ事を目的としており、損害目的ではありません。 また、著作権・肖像権は画像元である各サイトもしくは掲載元に帰属します。

『魔道祖師』 読んでます♪

2024.02.18 22:29|本棚
陳情令の原作本『魔道祖師』を読み始めました~。中国BLファンタジー小説っていうことで、BL本を読むのは初めて。陳情令にむちゃくちゃハマったというわけではないのですが、小説を読んでいる先輩方の感想を見るにつけ、みなさん大絶賛だったので興味を持ちました。

(簡単なあらすじ:animate Timesさんより)
かつて「悪の道に堕ちた」と人々から恐れられた魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は、すべてを失い非業の死を遂げた。しかし、それは自らの信念を貫いた証だった。

それから13年後――別人の体に召喚され、思いがけず現世に蘇る。正体を隠し過去と決別しようとするが、よりによって少年の頃から文武を競い合った宿命の相手、藍忘機(ラン・ワンジー)と再会してしまう。

前世の記憶の中では衝突してばかりいたはずなのに、なぜか彼はそばを離れようとせず――。

自由奔放で快活な魏無羨(ウェイ・ウーシエン)と、品行方正で寡黙な藍忘機(ラン・ワンジー)。あの日の旋律が再び二人を巡りあわせ、運命の歯車は動き始める。

写真も animate Times さんからお借りしました
240218.jpg

続きを読む >>

スポンサーサイト



テーマ:読書記録
ジャンル:小説・文学

英語の勉強

2023.12.10 00:31|本棚
少し前に、(転職により)仕事で英語を使う場面が増えてきたことをつぶやいたのですが、手が空いているにもかかわらず、今年1年は新しい仕事を任せてもらえず、暇な時間には本を読んでいてもよいという変な上司の言い分を素直に聞いて(笑)、英語の本を読んでいます。

ネットサーフィンでもよいのですが、一応お給料をもらっているという手前、さすがに読書という体に逃げております。今は、Google翻訳様様や、AIに英作文を作ってもらったりしてなんとか英作して形にしていますが、英語力の強化はやっぱり必要だな~と思い、いろいろ本を購入しています。

そんな中で即戦力になってくれそうな本を見つけました。「中学単語で高めるビジネス英語力」
2750円とボリュームもあるけどちぃとお高めな本。早速、買いました♪

231209.jpg

あとは来年から職場が変わることが決まっているので、保険のためにここいらでTOEICを受けようかと思っています。コロナ禍前にやはり転職を見据えてTOEICを受けに行ったのですが、高校生&大学生ばかりで明らかに周囲から浮きまくったワタクシ。ごくごく稀に力だめしなのか、定年くらいのナイスミドルなオジサマ、英会話通っていそうなマダムもお見掛けします。単純にずっと勉強していてすごいな~と感心然り。わたしはというと覚えるよりも忘れるほうが早くて、超効率悪いタチなのですが。

TOEIC L&R TEST なんちゃら (TOEIC TEST 特急シリーズ)

このシリーズ、すでに20冊以上出版されているのですが、コンパクトで持ち運びがしやすいことから、気に入っていくつか購入しています。いちおう備忘録のために、購入したシリーズを列挙しておきます。

・出る問特急
・読解特急
・読解特急2
・200問音読
・出る単特急
・文法特急
・900点特急

全て終えたら「新TOEIC TEST 900点特急Ⅱ」を購入しようと思っています。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

新版 医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック

2023.10.06 23:46|本棚
仕事の参考になればと一縷の望みをかけて、「新版 医学・薬学の翻訳・通訳完全ガイドブック」を手に取りました。もちろん、当方、医療関係の翻訳なんぞできるほどの英語力は持ち合わせておりません(笑)。

興味があったのは、「新薬開発から市販後までの基礎知識」って記事を読んでみたかったから。製薬業界ってどんなところだろ?とか超・超初心者が参考になる本やサイトなんかの情報も合わせて得たかったのです。

医薬品の特許を英語で申請するなんていう翻訳の仕事の紹介やら、医学論文の書き方なんかもさらっと紹介しているのですが、私のような本当のさわりのさわりを知りたい人向けの情報なのかな?

少しでも仕事の役に立てば~という期待を込めて読みました。習得を求められてはいないので(笑)、難しい内容なのですが、ある意味気軽に読めます。今までの私なら絶対に手に取ることはない敷居の高い本。こういう機会を得てよかったのかも。

231006-2.jpg

テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌

続 韓国カルチャー 描かれた「歴史」と社会の変化

2023.10.06 23:31|本棚
続 韓国カルチャー 描かれた「歴史」と社会の変化 を読みました。

こちらも面白かったです♪ 伊東順子さんの文体が好みだと気づき、読書嫌いの私でもサクサク読み終えることができました。ただ、前作に比べて今作は、宗教の話や戦争の話なんかがかなりのウエイトを占めているので、読みごたえがあったかも。それに映画の話題が大半を占める。

映画自体はここ最近のものを見る機会が多いのですが、この本に登場する映画のなかで見ていたものは「別れる決心」のみ。ちらっと話題にされていた「パラサイト」も見ていたけど、伊東さんはネタバレしないように気を使われつつ、映画の題材などを使って、韓国社会を紹介しているスタイル(笑)。

伊東さんが紹介している過去の作品のいくつか(名前だけ知っている作品が多かったけど)に視聴意欲がムクムクと出てきました★映画を観たあとでこの著書を読むと、よりストンと腑に落ちる理解が得られるのでは?と思います。

231006-1.jpg

テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌

週刊文春 WOMAN

2023.10.01 15:18|本棚
最新号の「週刊文春 WOMAN」を買いました。文春自体を購入したのは初めて。なぜかというと

特集記事 「推し活のない人生なんて」

のなかの、作詞家松本隆さんのコメント記事「華流ドラマ論」を読みたかったから♪
もう、想像以上に面白かったです!! 松本隆さん、韓国ドラマもお好きだということですが、華流ドラマもお詳しくっていろいろご覧になっている(笑)。古装ドラマ(&歴史もの)がメインなのかな~と思っていたら、ファンタジーものやら最近の現代ものなんかも網羅してて、インタビューでも「好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡」がにじみ出てる。

友人とドラマを話すときの熱量そのままですごく楽しめました。他にもいろんな「推し」活をしている人が対談しているのですが、ジャンルは違えどどのかたもとても楽しそう。オススメ記事です。

231001.jpg

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記