04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

だるびぃ

Author:だるびぃ
ソロ活、邁進中(笑)。

※過去の記事でお見苦しい点がありますがご容赦ください。

※コメント大歓迎です♪

カテゴリ

最新コメント

ご訪問ありがとうございます

だるびぃの映画DVD

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ひとこと

当ブログで使用しております画像等は、個人で楽しむ事を目的としており、損害目的ではありません。 また、著作権・肖像権は画像元である各サイトもしくは掲載元に帰属します。

烏鵲橋の兄弟たち 第47・48話

2012.01.17 23:59|烏鵲橋の兄弟たち
烏鵲橋の兄弟たち 第47・48話
 
ついにテヒが実父のひき逃げ犯がチャウンの父であるペク・イノだ!と知りました。
(↑どうせ、違うんだろうけどさ。)
このことでテヒ&チャウンを別れさせようとするチャンシク。ボクチャも結婚は思いとどまらせようとする。
チャウンと離れ離れになっては生きて行けないと訴えるテヒ。
別れないなら、ペク・イノがひき逃げ犯だとチャウンに事実を話していいのか?と凄むチャンシク。
 
そんなことになってるとは知らず、今まで行方不明だったペク・イノがチャウンに連絡をとったところで第48話は終了(笑)。テヒ&チャウンカップルへの(結婚の)障害ということで、親の因果が絡んできました。
まったくもって、おもしろくない


 
…ということで、ここまで観てきたのでリタイヤはしませんが、さらっと感想を述べるにとどまろうと思います。
今まで一緒に盛り上がって感想を述べ合っていたブロガーのみなさんは、楽しんでいらっしゃるようなので、
そんな雰囲気を壊したくないため、コメントを残すのはやめました(笑)…。
 
テボム&スヨンはようやくスヨンが素直になったことで、うまく行きそうだし、テピル&ヨウォルも一応お互いの気持ちは確認できたし(ヨウォルにお見合い話が持ち上がったため)、テシク&ミスクもいつのまにかいい雰囲気になってるし。他の3兄弟のお話をもっと丁寧に描いてくれたらなぁ…。ホント、残念です(涙)。
 
テヒ&チャウンの結婚話もアレアレ???って感じで、まだ結婚できるほど心の準備ができてないでしょ?と冷めまくり。チャウンなんて、大学、やめちゃったんだよね???ファン家にあれだけ学費を出せ!!って横柄に言ったくせに、あっさり辞めちゃうし。しかもテヒとのデートがメインになってからというもの、オダックファミリーのアニメーションの仕事もどうしたんだ


???なにもかもが中途半端で、結婚ってないよ…。
ま、これは脚本のせいなんだけど(笑)、急にお話の内容が薄っぺらいものになってきて、がっかり。
 
私の中で、最近韓ドラ視聴の気持ちがイマイチなのも手伝って、ドラマ自体に魅力を感じなくなってきました。
なので、韓ドラ視聴の気持ちが復活するまで、しばらくはのんびり視聴するか、華流ドラマ&日本ドラマを見ようと思います。

烏鵲橋の兄弟たち 第45・46話

2012.01.10 18:14|烏鵲橋の兄弟たち
烏鵲橋の兄弟たち 第45・46話
 
8話延長が決まり全58話になった「烏鵲橋の兄弟たち」どうやらテヒ&チャウンのカップルの分量を増やすらしい。ってことは、テヒ実父のひき逃げ事故を引き延ばすってことか…。
 
チャウン&テヒのカップルは順調そのものなんだけど、テヒ実父の事故の犯人がペク・イノ(@チャウンの父)
ってことが交際&結婚のネックになる流れなんだよねぇ(涙)。
チャンシクが事実を知り、チャウンに当たり散らすチャンシクの様子から異変に気づいたボクチャが
チャンシクから聞いて事実を知り、テヒの捜査協力してるジェハもうすうす気づき…。
 
そもそも、テヒ実母の願い(?)とかなんとかで、ジェハがテヒに捜査協力する流れもなんか不自然だし、
視聴意欲がなくなったので、細かいところが鼻につく展開になって参りました。最近では、もう、どうでもいい…。
 
テヒ&チャウンのラブラブぶりを見て、最悪の結果を2人が知ることになるかも…とジェハが心を痛めるとこなんかも、ジェハは思慮深くいい人だからそう思うんだろうけど、(すっかり視聴に飽きているわたしからは)う~んって感じです。ま、グダグダ言ってないで、リタイヤすればいいんですけどね(笑)。
 
チャンシク&ボクチャは、内緒にしようと決めました。結婚まで進むと困るので、自然に2人が別れてしまうかもしれないから、それまで時間を取りましょうということらしい。でも、ハルモニが知ったらどうなるの???
ぶっ倒れそうだけど…。
(捜査の)勘のいいテヒはジェハの様子から、なんかを感づき始めてるんだよね。実父の事件のことだから、易々捜査をあきらめるってことはテヒはしないだろうから、テヒ&チャウンが事実を知るとどうなるんだろうね。
 
ま、どうせ警視庁署長がワルだと思うけどさ(笑)。
 
この2人のカップルに当初ほど興味のなくなった私。
そのほかのテピル・ヨウォルカップル、テボム・スヨンカップル、テシク・ミスクカップルのほうが気になるんだけど、あんまり取り上げられてないんだよね(涙)。
スヨンもまだまだテボムに対しては、距離を置いたままだし、うまくいってそうなテシク・ミスクカップルに、ここにきてからむイェジン(笑)。イェジンなんて明らかに話が延長になったからくっつけたような絡みでしょ???
 
テピル&ヨウォルカップルをもっと取り上げてほしいわぁ。ヨギョンさんに対抗するテピルは見てみたい(笑)。
視聴率30%超えは数少ない今クールらしいのですが、それでも30%止まりってのは、私のような脱落組もいるんじゃないか…、話の展開がマンネリで…、やだやだ、この設定…好きになれん!って思ってる視聴者がいるんじゃないかって勘ぐっちゃいます。

烏鵲橋の兄弟たち 第43・44話

2012.01.05 23:29|烏鵲橋の兄弟たち
烏鵲橋の兄弟たち 第43・44話の感想です。どうやら8話延長となるらしいですね!
 
視聴意欲がパッタリと落ちてしまい、正直に言うと、もはやどうでもよくなってきてしまいました(涙)。
リタイヤ寸前です…。お話の展開がどうしても好きになれないんですよね。それから、登場人物たちにも感情移入ができなくなってきてしまいました。
 
ここんところ安定していたテヒ&チャウンカップルにも暗雲が立ち込めて…。
ひき逃げ事故で亡くなったテヒの実父を引き殺したのは、チャウンの父だという衝撃の事実をチャンシクが知り、
チャウンに辛く当り始めるんですが、もうこの辺りからどうでもよくなってしまった。
当時の事件を担当した刑事から話を聞いたチャンシク。「99%犯人はペク・イノ(@チャウンの父)だ!」と。
そのことを聞いてから、チャウンへの反応がガラリと変わっちゃうんですよ。
あれほど覚書の事件のときなんかはチャウンに優しかったのに。いくら実の弟を失くして辛かったとはいえ、20年以上も前のことだし、そもそもチャウンがまだ生まれてないころの話でしょ?チャウンに当たり散らしてもしょうがないんじゃないかと思うんですよね。
テヒが家族にチャウンと付き合ってると公表して、みんな大喜びのなか大反対なチャンシク。ま、テヒからしたら、チャウンの父は敵になるから、1度はどちらかから別れが切りだされるんだろうけど、こういう展開が大っきらいなワタクシ。無理やりこじつけられた別れの脚本(?)で、一気に冷めてしまいました。
(どうせ、ペク・イノが犯人じゃないんだろうけどさっ。)
 
テボム&スヨンのカップルも、テボムがスヨンのことを愛してるんだ!と自覚して、スヨンに告白した時はうれしかったんですが、スヨンの反応が理解できず。ひたすらテボムを無視するんだよねぇ(涙)。私たちの関係を終わらせたい、と。テボムを許せないって感じなんだけど、私はこの(韓ドラ特有の?)「許せない」っていう怒りの感情がよく理解できないんです。
「気持ちが整理できない」っていうのならわかるのですが…。お話を見ているみなさんはどう思ってるんでしょう?
唯一の楽しみだったテボム&スヨンのカップルですら、こんな感じなんで、はぁぁぁぁ、がっかりです。
 
テピル&ヨウォルカップルも少しずつ、お互い気持ちを表に出しつつあるんですが、ヨウォルの元夫らしき人がここでようやく絡んできました。ヨウォルが激しく動揺してるんで、過去に何があったかが興味深々なんですが、今後テヒ&チャウンの話が中心になってきそうなのに、この2人の進展がおざなりになりそうなんで、この展開もつらい。
 
テシク&ミスクカップルもどうやらテシクがミスクを気になってしょうがない展開になってはきてますけど、過去にミスクがテシクを好きになったきっかけのようなものははっきりとは紹介されてないし、いつの間にかにカップルになってる展開にも…(無言)。
 
と、まあ、不満だらけなんでございます(笑)。
韓ドラの展開ってこんなものばっかりなの???4兄弟のなかに、1人出生の秘密がある人(@テヒ)がいて、
親の因果が子に報いる展開(@テヒ&チャウンカップル)となり、あとは重大な病気とか???
 
もともとユイちゃんは意地悪顔のパンプキンフェイスなんで苦手意識があったんですが、初期のころのチャウンのかわいらしさがここんところあまり見られないし、ぶっきらぼうなテヒの感じもチャウンにデレデレになってからは無くなってしまってがっかりで、ワクワク視聴ポイントが無くなってしまいました。
 
なので、オススメシーンやら感想を書くために書庫を作ったけど、リタイヤするか、完走するか、放置するか…。
とりあえず、ワクワクの視聴意欲だけは無くなってしまってます。
(楽しみにしていたかた、すみません…。)
 
自分でも不思議なのですが、このやるせなさ、どう処理していいのか…もてあましてます。
延長しなければ、もしかしたらこのまま完走し、やりきれたのかもしれません。
率直な感想をぶちまけてしまいました(涙)。

烏鵲橋の兄弟たち 第41話・第42話

2011.12.28 01:10|烏鵲橋の兄弟たち
烏鵲橋の兄弟たち 第41話・第42話 ちょこっと感想
(字幕なし視聴のため、雰囲気です)
 
○第41話
テヒ&チャウンカップル
自分を助けるためにけがをしたジェハの入院に付き添うテヒ。
そこへチャウンからメールが。「アジョッシ、今日は(帰宅が)遅いんですか?」というチャウンに「今日は帰れそうもない」と返事するテヒ。
テレビ電話にして話そうとテヒが言うと、「10分、…いや、30分待ってください!」とチャウン。
お風呂上がりのチャウンは、髪の毛を乾かし、お化粧をして、洋服を選んで…。ようやくテレビ電話で話す2人。
 
病室でジェハから実母の話を聞くテヒ。
「遺品を取りに来てほしい」と、実母の亡くなったときの様子を話すジェハ。
遺品は運動靴で、毎年テヒのために靴を買っていたらしい実母。ジェハは自分のために買ったのではない運動靴に不思議に思いつつも、そのことには触れずに今まで来た。ジェハは養子で、テヒの実母は亡くなる直前までテヒの名前を呼んでいたと伝える。
 
ジェハから話を聞いたテヒは、チャウンを誘って海へ。
 
テボム&スヨンカップル
改めてスヨンからテボムを初めから愛していたと聞くテボム。スヨンを好きだし、これから夫として愛せるよう努力するというテボムを拒絶するスヨン。もう、愛していないから別れたい…と。
 
テレビ局では2人が結婚していて子供まで授かってることで大騒ぎに。
ネットにも2人の話題が上がっており、2人は局長に呼び出される。
結婚を秘密にしていたことを怒られる2人。だが、社長から2人を公認カップルとして売り出そうという話がきて態度が一変。
そんな局長にスヨンが慌てて「私たち、離婚するんです!」
テボムは否定するが、局長「結婚を秘密にしてた上に、もう離婚ってなんなんだ?(離婚は)聞かなかったことにするから、1カ月、よく考えろ」
 
そんななか、ヘリョンが職場放棄。
連絡がつかなくなり心配した先輩はスヨンをつれだってヘリョンの家に様子を見に行くことに。
別の人から連絡をもらったテボムもヘリョンの家へ。
ヘリョンの家の前で偶然会うテボムとスヨン。
 
テシク&ミスク
ミスクが働いている食堂の手伝いを申し出るテシク。
ミスクはうれしいがバイト料を請求するテシクに怪訝そうな顔。
そんななかミスクあてに男性から花束が届く。誰からなのかものすごく気になるテシク。
ミスクはどうでもよさそうだけど、テシクの手前、まんざらでもなさそうな表情。
イライラして花束を捨てるテシク(笑)
 
テピル&ヨウォル
お互い冷たく相手をあしらう2人。でもテピルのクリスマスの予定を何気なく気にするヨウォル。
そんなバレバレなヨウォルに気づくテピル。
 
○第42話
テヒ&チャウン
海でのデートでチャウンに「実母が亡くなっていたんだ。知っていたか?」ときくテヒ。
無言でうなずくチャウンに「あいつ(@ジェハ)から聞いたのか?」
チャウンとともにジェハのところに実母の遺品を取りに行くテヒ。
 
たくさんの運動靴とともに、毎年テヒにあてたメッセージ、胎児のエコー写真、母子手帳、通帳などを見て涙するテヒ。
 
その後、夜中の2時を回ってテヒ&チャウンが帰宅。さすがに一緒には家に入れないのでチャウンが先に入る。
居間で起きてチャウンを待ってるボクチャ。
「女の子がこんなに遅くに帰宅するなんて!」と怒るボクチャ。怒られながらも嬉しいチャウン。
 
---
退院したジェハの家に書類を取りに行くチャウン。
チャウンにしばらく家にいてほしいと頼んで席を外す秘書。
冷蔵庫や戸棚に食事らしいものはまったくないジェハの家。おかゆなどを作って待つチャウン。
居間でそのまま寝てしまう。そんなチャウンに気付き、笑顔になるジェハ。
 
グクスの本を買いに来たテヒ&チャウン。そこで、結婚の話をする。
チャウンがまだ若いので結婚はしばらくは考えてなかったテヒだが、「私とは結婚したくないってことですか?」
とチャウン。2人で「じゃ、来年には結婚しようか?」って話になり、とりあえず2人が付き合ってることを家族に公表しようと決める。
 
---
テボム&スヨンカップル
ヘリョンの家の前でばったり会うテボムとスヨン。
テボムは、知らない人からの電話で来てみたというが、ヘリョンの携帯の登録番号1番がテボムの番号で、
お酒を飲んでいるから、来てくださいと電話をもらったとスヨンに説明。
 
帰宅するや否や、スヨン「今すぐ出て行って!」これにはテボムもそうするしかなくて…。
 
スヨンにもう一度離婚の意思を確認するテボム。スヨンの気持ちは固まってるようで…。
「テボムが努力してくれてるのは、わかってる。それでもこういう結果になってしまうのはとても残念だけど、自分にとってこれが最良の結論だから」というスヨン。
テボムはスヨンの意見を尊重するが、おなかの子供は自分の子供だから、これからも父親として関わるといい、スヨンも了承する。
 
テボムが家を出た後、一人になったスヨン。テボムの書斎で赤ちゃんへのプレゼントの靴を見つける。
メッセージに、僕たちの赤ちゃんの胎名「チャゴム」はどうかな?というテボム。
一人涙するスヨン。
 
---
テヒが家族の前で付き合っている人がいると言いだす。みんなは大喜びで「今度、彼女を連れてきなさい」というが、チャウンだとはまだ言いだせずにいた。
 
ちょうど同じころ、テヒの実父の交通事故のひき逃げ犯がペク・イノ(@チャウン父)にほぼ間違いないとする当時の警察官の話を聞いたチャンシク。
 
このことはまだテヒ&チャウンも知らないようで…
 
---
でた!でたぁ!! わたしの嫌なパターン、親の因果が子に報いるパターンが登場です。
ここにきて急にテヒ父のひき逃げ交通事故の話がでてきたなぁと思ったら、今現在失踪中のチャウン父につながるんですか!視聴意欲が落ちた上に、嫌いなストーリー展開。しかも、ジェハもチャウンを好きになるようなこんがらがりぶり。ま、農場を取り返しに1度ペク・イノ(@チャウン父)が行ってる時点で、チャウン父がひき逃げ犯ではないとは思うんですが…。ひき逃げしておいて、わざわざ出向かないでしょう…。
レビューも滞るほど興味が薄れてますが、このままだとリタイヤになりそうで怖い…。
 
テヒ&チャウンの結婚話も唐突過ぎだし、なんだかなぁ(涙)。
チャウンに家族ができるっていう流れはいいんですが、恋愛ベタなテヒのことだから、ハルモニ(やら周りの人たちから)が強引に「それならチャウンと結婚しちゃいなさい!」と持ってく展開とかのほうが面白かったんだけど。
 
テシクとテピルの恋愛話は(わたしは楽しみにしてるのに)まったくもって動きが見られない…。
延長ってきいて、この2人の兄弟のエピが増えるのかと思ってワクワクしてたのに、テヒ&チャウンカップルの話を伸ばすのかぁってほんとうにがっかりしました。
 
テボム&スヨンのカップルが早く修復できるといいんですが。
スヨンが可哀想だけど、まだ「愛してる」とは言えないテボムの気持ちもわかるし、ある意味言えない分、誠実って感じもするし…。テボムってまだ気持ちをスヨンに伝えきれていないから、スヨンが不安になるんだよねぇ。
もっとグイグイテボムがスヨンに向かう展開になってほしいです。スヨンが別れるって言うからって、あっさり尊重するなよ、テボム


。テヒのように、しつこく、ぐいぐいスヨンに向かいなさい


!!

烏鵲橋の兄弟たち 第34話(2)

2011.12.27 21:01|烏鵲橋の兄弟たち
烏鵲橋の兄弟たち 第34話 お気に入りシーン(その2)です。
 
◆チャウンに(二度目の)告白をするテヒ
朝のこと(おがくずを運ぶのを断ったこと)があるため詫びのしるしに(笑)コーヒーを持ってやってくるテヒ



チャウンは納屋でスケッチ中。チャウンをじーーーーっとみつめるテヒ。



コーヒーを握りしめつつチャウンに近づくテヒ。
恐る恐る…
テヒ「寒くないか?」
チャウン「…」
テヒ「(今朝のこと)怒ってるのか?」
チャウン「…、いいえ?」
テヒ「ちょっと冷めちゃってるけど…」とコーヒーを差し出す。


テヒ「今朝は…」と言いだしたところで、チャウンの携帯から呼び出し音が…。
電話は仕事の書類を届けに農場に来たジェハから。
笑顔で話すチャウン。

テヒ「…
 
チャウン「農場に着きました?これからそちらに行きますね!」
 

チャウン「お客さん(@ジェハ)が来たから、行かないと。」
テヒ「…」

ジェハに会いに行こうとするチャウンの腕を掴むテヒ。


テヒ「行くな!」
チャウン「???」


テヒ「行くな!キム・ジェハとは会うな!…お前がキム・ジェハに会うのが…嫌なんだ」
チャウン「…」

テヒ「お前があいつに会うのが嫌なんだ。電話で話してるのも、あいつに笑顔を向けるのも嫌なんだ」
チャウン「…」
テヒ「ペク・チャウン、お前のせいで、俺はどうしようもないやつになってしまうんだ。同じ間違いを繰り返して、むなしい謝罪を繰り返してるんだ。『ごめん、もう二度とそんなことはしないと思う』と言いながら、また同じことをしてしまうんだ」
チャウン「…」
テヒ「…、だから、キム・ジェハとは会うな。お前と約束したこと、守れなかった。俺のお前に対する感情、何一つ整理できなかった…」
 

テヒ「…、ペク・チャウン…。俺…。」
チャウン「…」

テヒ「俺、お前のこと、まだ…好きなんだ!」